アンデルセンバッグ ブログ

デンマーク・コペンハーゲン発、東京生まれのバッグブランド「アンデルセンバッグ」をご紹介します。

69. ダウリボーの話。

 

 

 

アンデルセンバッグ  ANDERSENBAG

石山祐一郎  Yuichiro Ishiyama

 

 

今回は富山大和でも人気が高く、この季節にぴったりな帆布バッグ、「ダウリボー」をご紹介します。

 

 

まずはシリーズ名のご説明ですが、アンデルセンバッグの商品にはすべてデンマーク語にてシリーズ名がついています。一つ一つこのブログにてシリーズ名と商品のご紹介をしていきたいと考えております。

 

今回のシリーズ名は、DAGLIGBRUG(ダウリボー)英語でDaily Useデイリーユース、日常使いという意味。

 

 

 

f:id:andersenbag:20190613235926j:image

#ダウリボー・トートSトープ

 

 

 

2017SSから継続しているアンデルセンバッグの帆布(ヴィンテージ生地)のバッグになります。一番人気は4503ダウリボー・トートSになります。小ぶりではありますがマチ幅がありますので見た目よりも収容力があります。例えば長財布、スマートフォン、化粧ポーチ、キーケース、etc。そこそこ必要最低限のモノは入るかと思います。一番人気の4503ダウリボー・トートSのみ2019SSにブラックを追加して3色展開になりました。その他のトートMとトートLはネイビーとトープの2色のみの展開になります。

 

 

 

 

f:id:andersenbag:20190613235322j:image

ダウリボーは3サイズ展開になります。

 

 

 

No.4501ダウリボー・トートL
W410 x H270  x D150
¥28000 + 税
トープ・ネイビー(全2色)

 

 

No.4502ダウリボー・トートM
W360 x H220  x D120
¥26000+ 税
トープ・ネイビー(全2色)

 

 

No.4503ダウリボー・トートS
W360 x H220  x D120
¥19000+ 税
トープ・ネイビー・ブラック(全3色)

 

 

f:id:andersenbag:20190613235343j:image

#4501トートLと4503トートSは天ファスナーがつきます。

 

 

f:id:andersenbag:20190613235400j:image

#4502トートMはファスナーは無しですが同素材のポーチがつきます。

 

 

 

基本的に本体部の生地の色は白になります。汚れが気になる方も多いかと思います。もう廃盤になりラインナップには入っていませんが私はこのダウリボーシリーズのリュックを3年ほど使用しています。モニターとして使っていますがご使用前に防水スプレーを本体部の生地にかける事をお勧めしています。汚れ防止にもなります。通常防水スプレーは効果が3週間と言われていますがだいたいの目安として1ヶ月に一度防止スプレーをかける感じでいいかと思います。

 

 

 

ダウリボーについてはもう少し深掘りしたいので、次のブログにまた書かせていただきたいと思います。ご興味があれば是非ご覧になってください。

 

 

 

引き続き6/5(水)〜7/31(水)までのロングランイベントが富山大和にて開催中です!富山のお客様はもちろん、2ヶ月のロングランでのイベントになりますので金沢、福井のお客様も是非足をお運びいただきたいです!もちろんダウリボー・シリーズも数に限りがありますがお取り扱いしています!

 

 

 

 

@富山大和

タイトル: 期間限定shop「アンデルセンバッグ」
場所: 1Fコールハーン店舗跡地
会期: 6/5(水)〜7/31(水)
時間: am10:00〜pm19:00

 

 

 

インスタの方も情報配信しています!

@andersenbag.tokyo

 

 

 

 

アンデルセンバッグ  ANDERSENBAG

石山祐一郎  Yuichiro Ishiyama